朗読劇『文絵のためにのために』のイベントについて

ロゴ_文絵ためにのために02

■『文絵のためにために』vol.01
https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01czgk10f23bp.html
・出演者:本宮佳奈・夏陽りんこ・柴田遥加
・ゲスト:カナイセイジ
・日時:2019年9月28日(土)
・場所:club Dorothy(クラブドロシー)
・チケット価格:3000円(+1drink)

朗読劇『文絵のために』の続編を盛り上げる”ために”ミニイベントを開催!
「前作を少し振り返りながらフリートーク」をしたり、「ここだけでしか聞けないミニ朗読劇」を上演したり、「追加キャスト発表などを含めた新作情報を発表」したり、「カナイセイジさんとゲームを」したり、盛りだくさんでお届けします!(絶賛企画中)
ぜひ、前作をご覧になった方もそうでない方もぜひ遊びに来てください!!

イベントにつきましてはトークコーナーでは質問も受け付けております。
せっかくなので、ぜひここで出演者やゲストのカナイセイジさんに聞きたいことがあれば、お伝えください!
https://forms.gle/jDrd3ScU9ZYrU6Cj9



★その他の『文絵のために』スケジュールまとめ

・好評発売中:DVD『文絵のために』発売
・2019年9月28日:イベント『文絵のためにために』vol.01開催
・2019年11月23日~:新作カードゲーム『文絵のために2(仮)』イベント先行販売
・2019年12月7日:イベント『文絵のためにために』vol.02開催
・2020年1月上旬:朗読劇『文絵のために 星見台高校の七不思議(仮)』上演

『文絵のために』体験会のご案内

文絵体験会_190517
これまでネタバレ厳禁ということで、試遊をしてこなかった『文絵のために』ですが、ミニ拡張も販売するという事で、ワンドローブースにて体験できます!
まだ遊んだことのない人や、興味あるけど難しそう……という人(実際難しいんですけどね)、この機会にどんなゲーム課体験してみてはいかがでしょうか?

●場所
ゲームマーケット2019春「エリア21」ワンドローブース

●時間
5月25日(土)
①13:00~14:00
②14:15~15:15

5月26日(日)
①13:00~14:00
②14:15~15:15

※体験するのは基本セット『文絵のために』編になります。
※体験では武雄側・文絵側に分かれて遊んで頂きます。複数人が武雄側・文絵側を担当する形での体験になる可能性もございます。


事前に参加受付も致しますので、ご興味ある方はTwitterのDMか公式HPの「お問い合わせ」からメールでお申し込みください。
その際、下記の情報をお申し付けください。
・名前
・希望時間
・人数

ぜひご参加をお待ちしております!

『文絵のために』追加拡張セット発売決定!

カナイセイジさんデザインの『文絵のために』新作拡張セット!!

文絵拡張ロゴ_190508

●商品名
『文絵のために』追加シナリオセット『先輩たちのバレンタイン』
※この商品は『文絵のために』本体が無いと遊べません。

●商品仕様
・デザイン:カナイセイジ
・制作指揮:木皿儀隼一
・販売価格:1,000円(イベント限定商品)
・生産数:200個予定(イベント限定・一般販売の予定無し)
・販売場所:ゲームマーケット2019春会場

●内容物
・新規カード×15枚
・エンディング用カード×12枚
・マニュアル×1部
※商品仕様・内容物は仮のものです。変更になる可能性がありますのでご了承ください。

●ストーリー
「これは、受け取れない」
慎二の口からでたのは、全く意外な台詞だった。
「別に、もう、俺の事好きでもないだろう。だったら、ちゃんと好きな相手に渡してやれ」
「はあ?」
目の前が真っ赤になる。何を言ってるのよ、この男。
こちらを一瞥すると、慎二はわたしに背を向ける。その背に向かって、私はバディーゴ(仮)の、結構値の張るチョコの箱を投げつけた。
「あんたのだって言ってるでしょ! いいから受け取りなさいよ!」
どうしてこうなってしまうんだろう。
なんでいつもうまくいかないんだろう。
本当は、わたしには慎二しかいないって分かってるのに。
慎二はちょっと悲しそうな目で、廊下に落ちたチョコを拾うと、仕方なさそうに鞄に入れた。
「…あんまり遅く帰るなよ。お互い、受験で大変な時期だし、風邪でも引いたら大変だからな」
去っていく慎二の姿が歪む。あんたがその気ならいいわ。適当な男なんていくらでもいるもの。サッカー部からでも見繕って、また新しい恋を始めればいい。
振り返って歩きだそうとしたところで、こちらを気まずそうに見ている文絵ちゃんと目が合った。
「… どうしたの」
「あの… 先輩、目の化粧、落ちてます」
「… ああ、ほんと、やになっちゃうわ」



『文絵のために』の続編を制作中ではありますが、今回は正規の続編が完成できませんでした。誠に申し訳ありません。
しかし! その過程で生まれた一つの作品をイベント限定という形で提供させて頂きます!!
今回のお話の主役は、武雄と文絵の先輩の近藤先輩と設楽先輩です。舞台はバレンタイン。カナイセイジさんの渾身の恋愛シナリオをご堪能ください!!

★朗読劇の際に制作しました『ときめき文化祭』も在庫が少しあります。そちらも今回のイベントで販売はさせて頂きます。
 どちらも在庫に限りがございますので、ぜひこのイベントでご購入下さい!!



執筆者:木皿儀

朗読劇『文絵のために』ポイント紹介!!

ということで、今週の金曜日から日曜日に上演されます朗読劇『文絵のために』について、どどんと紹介しちゃいたいと思います!

まず最初に、チケットの事前チケット販売は本日23日中になりますので、そちらをご紹介!
・販売HP:https://passmarket.yahoo.co.jp/event/show/detail/01n6gbzy16jw.html
・公式HP:https://fumienotameni-reading.jimdofree.com/
※当日券も予定しておりますが、ぜひ事前にご購入いただけますと幸いです。


★ポイント①物販を要チェック!!

s-swk271o3.jpg
・「文絵のために」拡張セット:1000円(イベント限定商品)

やはり原作がボードゲームということで、それに即した劇場限定商品ということを作りたいと思い企画させて頂きました。
『文絵のために』の拡張セットを劇場物販で販売いたします。こちらは中村誠さんにゲームデザインをして頂き、私とカナイセイジさんが監修したものとなります。これだけでしか体験できない新しい彼らの物語をぜひご確認ください!
※数は十分用意しております。今後、他のイベントなどで販売する可能性はございます。

紹介記事
https://twitter.com/macogame/status/1087588080389779458(中村誠さんの紹介ツイート)
http://onedraw.blog54.fc2.com/blog-entry-273.html(当ブログの以前の記事)

他にもブロマイドなどもありますので、キャストさんのファンの方もお楽しみできるようにしてますよー!


★ポイント②キャストを要チェック!!

出演:
椎名文絵役:本宮佳奈
岩槻武雄役:市川太一
紀平加奈子役:夏陽りんこ
並木亮介役:本橋大輔
内田理沙役:水沢あや
近藤慎二役:五十嵐勇紀
設楽由奈役:柴田遥加
田所健太役:佐野信明
用務員役:柴田大吾

HPなどにキャストさんが載ってるのでそちらをご覧ください(本当は各キャストさんにも色々と感謝の言葉を伝えたいのですが、またの機会に)。手を抜いた紹介文ですいません……ということで、主演おふたりの制服姿をご紹介。
s-b14cccd0-fb31-4a98-92f1-b72b306d05b0.jpgs-72f7779b-7622-46c2-ba71-5557ccd32a98.jpg
主演のお二人です、制服姿にあっていますね!!
文絵役の本宮佳奈さん→ウィキペディア
武雄役の市川太一さん→ウィキペディア
ってな感じで、キャストさんはみんなちゃんと衣装に身を包んで演じてもらうことになります。そのあたりにも注目なのです!!


★ポイント③アフタートークイベントを要チェック!!
今回は、終演後に朗読劇に関するあれこれをお話しするアフタートークをする回が設定されております。通常の公演を見つつ、さらにトークイベントを楽しめる一粒で二度おいしいわけですよ!!!!
日程と登壇者は下記の通りになっております。

・2019/01/25(金)19:00
 登壇者:本宮佳奈・柴田遥加・水沢あや・夏陽りんこ

・2019/01/26(土)13:00
 登壇者:市川太一・五十嵐勇紀・本橋大輔・佐野信明・柴田大吾

・2019/01/27(日)13:00
 登壇者:本宮佳奈・市川太一・カナイセイジ

※トークイベントは終演後に開始され、15分前後を予定しております。

はい、ということなので、観劇を検討されている方は、これらの公演に来るのがお勧めだったりします!!
特にボードゲームファンの方であれば、1/27(日)13:00の回がお勧めですよね。なんたって、「世界のカナイセイジが自分が作った作品を原作にした朗読劇に主演しているふたりとトークする」わけですから!!
どんな話が飛び出すか今からワクワクですね~^^


★ポイント④シナリオを要チェック!!

今回、脚本は舟崎泉美さん(ゲームサークル『ひとりじゃ、生きられない。』)に縁がありご依頼させて頂きました。
原作ゲームがプレイヤーの展開次第で色々な分岐を辿り、またカードのプレイした内容から物語を想像するという作品性なので、それを仕上げるのはなかなかに大変だったと思います。それを武雄編・文絵編というふたつに分けて頂き、うまくまとめあげてもらいました。本当、私も脚本読みからキャストの稽古まで色々と追ってきましたが、素直に面白い!って思えるものになっていると思いますので、本当にご覧いただきたいです。実際、ゲームの展開とは違う流れになっておりますので、ゲームを遊んだ方も楽しめるはずです。
少しだけこぼれ話。今回は朗読劇に合わせて、少しだけ原作ゲームと違う部分があります。

・学校名
キービジュアルを作成する際に校門を描いて頂くことになり、そのついでに決まっていなかった学校名が決まりました。「星見台高等学校」命名は原作者カナイセイジさん。いやぁ、常にロマンチストですね!!

・キャラクターのフルネーム
ゲームでは各キャラクターは「武雄」や「文絵」といった苗字が無かったり、「近藤先輩」や「田所先生」といった名前が無かったりしました。作品では各キャラクターを呼び合ったりする関係上、苗字などが必要だったため、それぞれのフルネームを設定して頂きました。こちらは舟崎さんに設定して頂き、カナイさんに確認して頂きました。こういったキャラクターの掘り下げができたというのも、今回朗読劇を企画した副産物です!

他にも色々と面白いことがあるんで、まぁ、どこかでご紹介できたらと思います。
あ、そうそう。今回、物販では公演台本が販売されますので、そちらもチェックしてください! 1冊で「武雄編」と「文絵編」が収録されて2000円、この価格もかなりお得だと思います。(実は公演でキャストさんが演じるのはこの本になるのですが、稽古などを重ねることで、意見を出し合い少しずつ調整して言い回しを変えたりしております。なので、実際の公演と販売する台本ではそこそこ違う表現は多々あります。観て頂ける方はそんなマニアックな楽しみ方もできますよ!)


……気がついたら結構長い記事になりました。

でもでも、本当に少しでも多くの方に観て頂きたいので、お時間と予算に余裕がある方は足を運んで頂ければ……
こちら、すでに終了しておりますが、クラウドファンディングをやっておりました。予定以上の支援を頂きました。本当にありがとうございます。こちらに関して、紹介のために記事をいくつも更新していたので、ぜひそちらも追っていただけると幸いです
https://motion-gallery.net/projects/reading_f/updates


執筆:木皿儀

朗読劇『文絵のために』の上演のご案内

s-s-文絵_フライヤーA4_表面_181116
・公式HP:https://fumienotameni-reading.jimdofree.com/
・クラウドファンディングHP:https://motion-gallery.net/projects/reading_f

■公演詳細
・日時
2019/01/25(金)14:00A/19:00B
2019/01/26(土)13:00A/18:00B
2019/01/27(日)13:00A/18:00B
※Aは「武雄編」、Bは「文絵編」となり、シナリオが分岐し、結末が異なります。

・会場
新宿THEATER BRATS[シアターブラッツ]
〒160-0022
東京都新宿区新宿1-34-16 清水ビルB1

・チケット料金
全席自由席
A席 4500円(A席)
S席クラウドファンディング専用
※S席は、A席よりも前方のエリアにご案内させて頂きます。

・スタッフ
原作:カナイセイジ
脚本:舟崎泉美
演出:斎藤裕介(若手声優団体・声珈琲)
宣伝美術:有限会社ワンドロー
プロデューサー:木皿儀隼一(有限会社ワンドロー)
主催:有限会社ワンドロー

■キャラクター&キャスト
・椎名文絵役:本宮佳奈
・岩槻武雄役:市川 太一
・紀平加奈子役:夏陽りんこ
・内田理沙役:水沢あや
・近藤慎二役:五十嵐勇紀
・設楽由奈役:柴田遥加
・田所健太役:佐野信明
・用務員役:柴田大吾



一年前に発売させて頂きました『文絵のために』が朗読劇になります!!
元々、ストーリー性の高い作品だったということもあり、朗読劇になることで、ゲームに興味の無い方への新しいアプローチとなります。また、今回は別々の展開になる脚本を用意し、ゲーム性を再現した展開になるような試みも。
とにかく鑑賞した人が満足できる作品になるように、関係者各位が頑張ってくれているので、ぜひお楽しみに!!

朗報その①
すでにクラウドファンディングなどが実施されておりますが、ゲームマーケット2018秋ではこの朗読劇のチケットを販売いたします!
紙チケットの販売する機会は多くないためレアです(笑)。この機会にぜひご検討ください。
チケットの単体販売とボードゲーム版『文絵のために』とのセット販売を予定しており、セットの方が金額的にはお得に購入できることになります。

朗報その②
『文絵のために』の続編『文絵のために2(仮)』が、2019年に発売することが決定しました。デザイナーのカナイセイジ様が鋭意制作中ですので、ぜひお待ちください。時期は来年に春になるのか冬になるのかは未定ですが……。
2を遊ぶ前に1を遊んでおく方がスムーズに楽しめるはずなので、事前に『文絵のために』本編を遊んでおくことをお勧めいたします!!


執筆者:木皿儀
プロフィール

onedraw

Author:onedraw
ONE DRAW blogへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示