スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ドイツ語版『グリモワール』について

ゲームマーケット当日に何件か(意外と多く)
『グリモワール』のドイツ語版『Grimoria』の販売について質問をいただきました。
輸入販売を行なっているメビウスゲームズさんに問い合わせしたところ、
近々、メビウスさん経由で国内一般販売する予定とのことです。
ご興味のある方はもう少々お待ちください。

ここでいくつか日本語版とドイツ語版の違いに触れたいと思います。

●イラスト・設定について
イラストが一新され、それに伴い設定も変更されています。海外向けてにテーマをアレンジされているんですね。姫や黒魔術師などの新しい職業が追加され、見た目だけではなくその効果内容などが新規のものとなって収録されています。
また、仲間の他に集めていたのが財宝ですが、これは場所(建物)というものに変更されています。そしてアイテムだったものが財宝に。見た目だけではなく、勝利点のバランスなども調整がされています。仲間は奪われる危険性があるため場所に比べレートが1段階アップしています。

●初期値・終了条件について
最初に1ターラー(日本語版でのVP)を持っています。これにより、初期のページの選択肢が広がっています。
また、終了条件に関して、日本語版では規定以上のカードを集めたプレイヤーが出たラウンドで終了としていましたが、ドイツ語版では最初から終了するラウンドが設定されています。終了が見えている中で、どのように立ち回るかを考えるというゲームバランスになっています。

●処理がよりシンプルに
魔法の効果も順序が逆処理になるようなものは省かれています。加えて、同じページの魔法を選んだ時は同じページを選んだ中で前回の順番を参照するようになっています(日本語版では逆順処理でした)。
このように、ドイツ語版ではよりファミリーで楽しめるようにシンプルデザインにシフトチェンジされています。見通しが良くなったことにより、順番を取るか効果を取るかの純粋なジレンマを楽しめるはずです。

Grimoria_120515.jpg

総括:特殊な効果がさらに増え(財宝で対応する効果があったり)、効果の組み合わせが楽しくなった反面、ルールを整備されているので遊びやすさはアップしています。また、ページの効果がイラストつきで判別しやすく、ボードも(日本語版ではシートでした)横長でカードを配置しやすく、そして状況の把握がしやすい工夫がされています。
ファミリー向けにするといっても、ゲームの難易度やジレンマを落とすことなく、遊びやすさを徹底的にクオリティアップされているということで、本当にオススメの一品になっています。

まだいつ頃、国内流通するかは未定ですが、
ぜひ国内流通した場合はチェックしてみてください!


執筆者:木皿儀
プロフィール

onedraw

Author:onedraw
ONE DRAW blogへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。