スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「よくばりキングダム」攻略記事01

「よくばりキングダム」で勝つための参考になる戦略を、
参考になるように「序盤」「中盤以降」に分けて紹介したいと思います。

ルールに関してわからない方はこちらまで⇒公式HPルールページ

■ゲームの基本的な動かし方
このゲームは資材を集めて勝利を目指すゲームです。
資材を集めるには以下の方法があります。
・手番開始時に「資材:金/食料/土地」のうち1枚をもらえる。
・バトルフェイズで「キャラクター」の『獲得』を成功させる。
・「サポート」の効果でもらえる。

これらを駆使し、最終的に勝利条件を目指すことがおおまかなゲームの流れです。


■序盤の動き
●手番開始時に貰う資材について

ここでは「資材:金」を選ぶことが多くなるでしょう。「資材:金」は「サポート:市民」の『支払い』に必要となり、また持っていないとバトルフェイズでの選択肢が狭まるので、必ず1枚は持っていましょう。
ただし、例外もあります。「サポート:市場」や「サポート:畑」といった、1枚の「資材」と交換で2枚の「資材」を生み出す「サポート」があったりします。こういったカードを必要とするのであれば「資材:土地」を選ぶことも良いです。

●①アクションフェイズについて
「資材」を『支払う』ことでアクションを行い、自国を強化するフェイズ。取れるアクションは以下のうち一つです。
・「サポート」を手に入れる
・「キャラクター」のクラスアップ
・パスをする

序盤でのお勧めの行動は「サポート:市民」を手に入れることです。これらは自分の手番開始時に効果が適用され、様々な「資材」を自国にもたらします。早い段階で手に入れると効率も良いでしょう。
ただし、アクションを行うことで「資材:金」が尽きてしまう様であれば、パスを選ぶのが賢明です。なぜなら、「資材:金」が無い状態ですと、バトルフェイズに「キャラクター:旅人」の選択肢が無くなり、相手を有利にさせてしまうからです。もし、そうでない状況であればできる限りアクションを行いましょう。有効と思われる「サポート」が場にあるのであればそれを手に入れ、「資材」が余っているのであればクラスアップをしましょう。もちろん資材を余らせて保持することで、次のバトルフェイズにおいて「キャラクター:王/騎士」の選択肢をチラつかせるという戦法のあります。

●②バトルフェイズについて
互いに8枚のうち3枚の「キャラクター」を選び、バトルを行うフェイズ。
序盤の選択としては「キャラクター:旅人/絵描き/貴族/料理人/魔法使い」の5点が定石。防御側がそこから3点を防ぐ可能性は高いです。先ほど説明した様に「資材:金」を防ぐのであれば「キャラクター:貴族/魔法使い」を抑える可能性が高いので、逆に考えるのであればそれを読んで、裏をかくのもありでしょう。
例えば、攻撃側が「キャラクター:旅人/絵描き/泥棒」を選んで防御側が「キャラクター:貴族/魔法使い」(と+α)を選んだとします。「キャラクター:旅人」か「キャラクター:絵描き」が『攻撃成功』すれば「資材:名誉」を得られるので、「キャラクター:泥棒」の『支払い』が可能となり、一気に「資材:金2/食料2」をためることができます。このように裏をかく戦術もできますが、さらに防御側がそれを読んでいて、「キャラクター:貴族/魔法使い/泥棒」と選んでいる場合もあります。そこで、それを読んで攻撃側は「キャラクター:旅人/絵描き/料理人」とすれば、すべてが『攻撃成功』となり、一気に相手との差を広げられます。さらにそれを防御側が読んでいたら……と、裏の読み合いは延々と続くので、対戦相手の性格を考えつつ3枚を選ぶと良いでしょう。

●③アクションフェイズについて
①と同様のアクションを行えるフェイズ。
ここでは余った資材をどうするかを考えます。先ほど「資材:金」が尽きてしまうのは問題と書きましたが、ここではそれを深く考えなくても構いません。というのも、次の自分の手番開始時になれば「資材:金/食料/土地」のうち1枚をもらえるからです(他にも自国にある「サポート:市民」によっても選択肢は変わります)。
自分の戦いたい方向性で「サポート」を手に入れるか、クラスアップするかを選びましょう。


以上が、序盤の動き方のイメージです。ただ、あくまで参考です。
場にある「サポート」によってはバトルフェイズでの「キャラクター」の選び方や、アクションフェイズでのアクションが変わってきます。
戦い方としては、
・「資材」を集めつつ「サポート」やクラスアップで自国を補強
・「キャラクター:旅人/絵描き」などで「資材:名誉」を着実に集める

という戦い方になるので、どちらで行くのか、それともどちらも織り交ぜていくのかを考えつつ戦いましょう。


執筆者:木皿儀
プロフィール

onedraw

Author:onedraw
ONE DRAW blogへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。