ゲームマーケット2013大阪販売物紹介『JIGORO』

今週末に開催されるゲームマーケット2013大阪に向けまして、
販売する商品の紹介をさせていただきます。
ややデザイナーズノート的な役割もありますがぜひご覧ください。
GM特設ページはこちら

『JIGORO』
■ゲームデザイン…木皿儀 隼一
■グラフィック…小宮山 佳太
■人数…2人
■時間…10~20分
■対象年齢…10歳以上
■内容物…サイコロ×6個(ピン賽×3、四五六賽×3)/地下通貨×66枚
価格2,200円(限定個数100個)
公式HPはこちら

JIGORO01

■どんなゲーム
 1対1の対人ギャンブルゲームです。一方が秘密裏でサイコロで指定した数をもう一方が通貨を賭けて予想するギャンブルゲームです。ただし、このサイコロが一筋縄ではありません。2種3個ずつありまして、1種は4・5・6が2面ずつある四五六賽(シゴロサイ)。もう1種は全ての面が1というピン賽。
 この限定された環境の中、いくつのサイコロを握って、どの面を向けるのか……ピン賽を残してしまうと相手に予想されやすくなってしまうので先に消化をする……と、それを相手に見透かされてしまう。などなど、常に相手との心理を読み合う無言の熱い戦いが繰り広げられます!!

■ヴァリアント:偽札ルール
 ゲーム内で使用する通貨にはとある仕掛けが施してあり、これを利用した特別ルールを体験することができます。ヴァリアントルールとして用意しておりますので、ぜひご体験をしていただきたいです。
 一見しては分からない、よ~く目を凝らして(時には電光に透かして)見てください。本物の通貨と偽者の通貨が判別できるでしょう……ゲーム内では偽札も本札同様に使用することができ、通常通り遊ぶことができます。ただし、ゲーム終了時にはその1枚の価値は-1000となり(通常は+1000)、思わぬ損をしてしまうのです。それを阻止するのが「告発」。うまく見抜けば相手を損させることも可能……でも間違いだとさらに自分が損をすることに……。
 通常ルールで「ざわざわ…」しなくなったらぜひ、このヴァリアントを加えて思いっきり「ざわざわ…」してください!

JIGORO02

■終わりに
 シンプルに仕上げた疑心暗鬼になる対人ゲームです。当初、ある程度張る額に上限をつけて段階ごとに変化させるという形式を取っていたのですが、地味にわかりにくくて廃止しました。そういった指定をしなくても、負けている方は逆転するために自然と賭ける額はでかくなり、雪崩式に崩壊していくというギャンブルの典型を楽しめる形になりました(時に一発逆転も起こるので中毒性もあります)。
 ワンドロー作品としては異例の効果テキストもない(そもそもカードゲームではない)作品になりました。特注のダイスとそれを収納できるケース、偽札入りの通貨札というグッズとして魅力を追求しました。洒落でお手に取っていただければ幸いですが、遊んで疑心暗鬼に陥っていただければもっと幸いです。


執筆者:木皿儀
プロフィール

onedraw

Author:onedraw
ONE DRAW blogへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示