カナイセイジ最新作!『文絵のために2 星見台高校の怪』のご紹介

前作から2年の時を経て、再び「文絵を助ける」時が来た!
カナイセイジ最新作!!


文絵2

●商品名
『文絵のために2 星見台高校の怪』
※この商品は拡張セットではありません。単体で遊ぶことができます。
・公式HP:http://one-draw.jp/ff2/top.html
事前予約ページ

●商品仕様
・プレイ人数:2人
・プレイ時間:15分×?
・対象年齢:14才以上

・デザイン:カナイセイジ
・販売価格:3000円(イベント限定価格・イベント先行販売)
・販売場所:ゲームマーケット2019秋会場

●内容物
・主人公シート:4枚
・カード:64枚
・エンディングブック:3部
・カードスリーブ:65枚
・ルールブック:1部

●ストーリー
その日はなんだか胸騒ぎがしていた。
ちょっとした用事で、すぐに下校した武雄だったが、SNS で文絵に送った、その日あったことの何気ない報告に、既読がつくことはなかった。夜になってから電話もしたが、返事はなかった。遅くに文絵の母さんから家に電話があったが、武雄に答えられることはなかった。
そして、翌朝。
文絵は、学校のはずれ、今は物置となっている旧校舎の廊下で、冷たくなっているのが発見された。特に外傷はなく、ショック死が疑われたが、その原因は不明だった。文絵に用事を頼んだ田所先生が、しどろもどろになりながら、物品の回収を頼んだこと、なかなか戻らないので先生が行ったが、その時にはいなかったことを警察に説明していた。泣き崩れる文絵の母親やクラスメイトを見ながら、しかし武雄はそれでも冷静だった。
昨夜から時計がまた不思議な光を放っていたからだ。まだ、死の運命は、文絵の手を離してはくれないらしい。

武雄は再び、時間を巻き戻す不可思議な時計の竜頭に手をかけた。

夕焼けがまぶしい、昨日の放課後。
武雄が戻ったときには、既に文絵は旧校舎に足を踏み入れた後だった。武雄も追って旧校舎に入るが、文絵の姿はない。

「文絵! どこだ!」
「武雄!?」

大声を出して呼びかける武雄。その頭の中に、困惑したような文絵の声が響く。

「文絵! どこにいるんだ!?」
「旧校舎…… なんだけど、様子がおかしいの。すごく……寒い」

武雄の頭の中に、文絵の視界のイメージが流れ込む。
夕焼けに照らされた旧校舎は、武雄のいる場所とは明確に異なる雰囲気だ。

「文絵、きっとそこから助ける。だから、状況を教えてほしい」
「わかった。武雄を信じるよ」

旧校舎の中を、おそるおそる歩き出す文絵。旧校舎の手掛かりを求めて、学校へと駆け戻る武雄。二人の試練は、まだ始まったばかり。

「幸絵…… ようやく見つけたよ」


●システム
本ゲームは、『文絵のために』の続編です。
前作はその新規性が認められCEDEC AWARDS2019ゲームデザイン部門 優秀賞を受賞しました。今作でも前作同様3つのシナリオが収録され、様々なループを体験できることでしょう。
再び命の危険に脅かされる文絵を、救ってください!



■スペシャル企画

★セット販売実施
『文絵のために』&『文絵のために 星見台高校の怪』セット
特別価格:5000円
※イベント限定のお得なセットです。この機会にセットでご購入ください!



カナイセイジさん渾身のポエムが完成しました!
前作から2年、制作に時間がかかりましたが、それに見合うだけの謎と物語を用意できたと思います。前作が無くても遊ぶことができる商品ですが、前作を遊んだほうが面白いとは思います。
オカルトとループ物をカードゲームでぜひ体験ください!


執筆者:木皿儀

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

onedraw

Author:onedraw
ONE DRAW blogへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示