『萬印堂の宝箱』のワンドロー②

『萬印堂の宝箱』
セット内容:カード・スタンド(試作品評価版)/紋花紋(体験版ゲーム)/アグリコラ用資源拡張ダイス(ゲームに役立つアイテム)/テラフォーマー拡張ぱにくるな(人気ゲームの拡張キット)/人気ゲームの追加カード/ウボンゴ拡張問題抜粋(人気ゲームの追加問題)/ヒットマンガ・ミニ(人気ゲームの萬印堂バージョン)/ゲームリンク付録カードゲーム用収納ケース/人気ゲームの特別プレイボード(A3サイズ4つ折り)/ホワイト化粧箱レギュラーサイズ/その他
販売価格:2011円
※ゲームマーケット2011春では2000円での販売となります。
販売個数:ワンドローブースでは50個(他での販売もあり)

さて、収録されているワンドロー関係のご紹介。続いては『グリモワール』です。

グリモワール_学者s-

グリモワール_大道芸人s-

グリモワール_不思議な時計s-

学者(仲間カード)
【このカードを得る時】
場から1VPチップを得る。"

大道芸人(仲間カード)
【クエストフェイズ中】
場のクエストカードを得る時、1枚ではなく2枚を得ることができる。2枚を得た場合、その後、このカードを場に戻す。

不思議な時計(アイテムカード)
【このカードを得る時】
自分の手元にウラ向きで置く。
【ブックフェイズ中】
全員がブックを公開した時、このカードをアイテム山札に戻しシャッフルすることで、そのブック公開をブックマーカーセットからやり直せる。

※遊ぶには『グリモワール』本体が必要です。

■デザイナーズノート(木皿儀隼一)
『グリモワール』は1年前のゲームマーケットで発売した作品です。《学者》はちょっと物足りないかもしれませんが、シンプルな効果。《大道芸人》は一気に欲しいものを連続奪取できるので、勝負どころを自分で作り出しやすい仲間です。《不思議な時計》はブック公開をやり直せます。失敗した用の保険カードですね。
さて、実はこれら、アメリカのZ-Man Gamesから発売される英語版に収録されている(はず)3種の追加カードです。その日本語版となります。加えて英語版には、5人用の白ブック、5人用にともないカード総枚数の増加、プレイシートではなくプレイボードということで、けっこうパワーアップしています。いや、しているはず……というのも、まだ発売していないので、最終的にどうなるのか内心はドキドキしております。
この3種のなかでしたら、個人的に《大道芸人》が好きです。ゲームの流れに対してアクセントを加えるので、あるとないとではプレイ感覚がだいぶ変わってきます。なので、最初は1枚だけ入れて遊ぶのがお勧めです。
プロフィール

onedraw

Author:onedraw
ONE DRAW blogへようこそ!

最新記事
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示